一九世紀末におけるロシアと中国 - 佐々木揚

一九世紀末におけるロシアと中国 佐々木揚

Add: ikimi64 - Date: 2020-11-28 07:27:14 - Views: 5824 - Clicks: 4509

一九六四年に、佐々木更三委員長を団長とする日本社会党訪中団が、毛沢東と会談し、「日本軍国主義の中国侵略」について「謝罪」しました。 社会党というのは、「日本は中国で悪いことばかりしてきた」という歴史観を教え込まれた人々です。. (『近代中国研究彙報』18号、1996年)や、ロシア極東政策に関する露文史料を翻訳した『19世紀 末におけるロシアと中国』(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所「東アジア史資料叢 刊」第1輯、巌南堂書店、1993年)を刊行している。. 一九世紀末におけるロシアと中国 : 「クラースヌィ・アルヒーフ」所収史料より 佐々木揚編訳 (東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所東アジア史資料叢刊, 第1輯) 巌南堂書店, 1993. isbn*. 巌南堂書店 1993. Amazonで揚, 佐々木, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同研究プロジェクトの一九世紀末におけるロシアと中国―『クラースヌィ・アルヒーフ』所収史料より (東アジア史資料叢刊 (第1輯))。アマゾンならポイント還元本が多数。揚, 佐々木, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語. 佐々木揚 編訳: 巌南堂書店: 1993. 【tsutaya オンラインショッピング】一九世紀末におけるロシアと中国/佐々木揚 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの.

Amazonで揚, 佐々木, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同研究プロジェクトの一九世紀末におけるロシアと中国―『クラースヌィ・アルヒーフ』所収史料より (東アジア史資料叢刊 (第1輯))。アマゾンならポイント還元本が多数。揚, 佐々木, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語. 中国美術学院、ならびに中央美術院の学長を歴任、それぞれの発展に主導的な役割を果たした。二〇世紀中国画の四大家のひとり潘天壽を父に持ち、自らも伝統的な中国画を踏まえた水墨画家であると同時に、建築やインスタレーションも手がける。 監訳. 一九世紀末におけるロシアと中国 : 「クラースヌィ・アルヒーフ」所収史料より フォーマット: 図書 責任表示: 佐々木揚編訳 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 巌南堂書店, 1993.

「19世紀~20世紀におけるアムール川本流域の集落配置とその規模の変遷―ナーナイ(ゴリド)を中心として―」藤本強編『ロシア極東少数民族の自然集落に関する国際共同研究』新潟大学人文学部(課題番号09044003)平成9年度~平成11年度科学研究費補助金. 一九世紀末におけるロシアと中国 : 「クラースヌィ・アルヒーフ」所収史料より. 「一九世紀末におけるロシアと中国 : 「クラースヌィ・アルヒーフ」所収史料より」を図書館から検索。カーリルは複数の図書館からまとめて蔵書検索ができるサービスです。. 3 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所東アジア史資料叢刊 第1輯. 一方、ロシアでもいくつかの小論 が発表されている2。先行研究の特徴として、ロシアにおける研究は警備隊の勲を高く評価 するきらいがある。逆に、薛をはじめとする中国の研究では、警備隊は中東鉄道の武力発.

一九世紀末におけるロシアと中国 : 「クラースヌィ・アルヒーフ」所収史料より: 著者: 佐々木揚 編訳: 著者標目: 佐々木, 揚,: シリーズ名: 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所東アジア史資料叢刊 ; 第1輯: 出版地(国名コード) jp: 出版地. 主要訳書に『19世紀末におけるロシアと中国-「クラースヌィ・アルヒーフ」所収史料より』(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所「東アジア史資料叢刊」第1輯、巌南堂書店、1993年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていた. isbnx * a480 『我所知道的徳王和當時的内蒙古(二)』 札奇斯欽 1993. 出典 Sources 研究者研究課題総覧 1990年版 一九世紀末におけるロシアと中国 / 佐々木揚 編訳 読売新聞没年). 一九世紀末におけるロシアと中国 - 「クラースヌィ・アルヒーフ」所収史料より - 佐々木揚 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 12 形態: xii, 304, 10p ; 22cm 著者名: 佐々木, 揚 書誌ID: BA4966517X ISBN:. 研究者「佐々木 揚」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。.

模索するロシア帝国 : 大いなる非西欧国家の一九世紀末 / 竹中浩著 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: モサク スル ロシア テイコク : オオイナル ヒセイオウ コッカ ノ ジュウキュウセイキマツ. 業績:「19世紀前半におけるロシアの綿織物輸出とアジア商人の商業ネットワーク」(政治経済学・経済史学会『歴史と経済』 第214号,年1月) 萩原 守: 所属:神戸大学国際文化学研究科. 3 形態: 364p ; 22cm 著者名: 佐々木, 揚 シリーズ名:.

主要訳書に『19世紀末におけるロシアと中国―「クラースヌィ・アルヒーフ」所収史料より』(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所「東アジア史資料叢刊」第1輯、巌南堂書店、1993年) ※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者. 3: j・e・シュレッカー著『帝国主義と中国の民族主義-山東における. 表紙(少汚れ傷み)。本文中には書込み等や目立つ汚れはありません。本文中に連続して意図的に付けたものではないと思われる折目のような跡(円形の4分の1程度の形のようにも見えます)があります。小口天地に多少の汚れ(地の部分には幅3ミリ程度の直線状の茶色のような汚れもあります.

Amazonで佐々木 揚の清末中国における日本観と西洋観。アマゾンならポイント還元本が多数。佐々木 揚作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. a316 『東アジア史資料叢刊第一輯一九世紀末におけるロシアと中国―『クラースヌィ・アルヒーフ』所収史料より―』 佐々木揚(編訳) 1993. 一九世紀末におけるロシアと中国 「クラ-スヌィ・アルヒ-フ」所収史料より /巌南堂書店/佐々木揚の価格比較、最安値比較。. 一九世紀末におけるロシアと中国 『クラースヌィ・アルヒーフ』所収史料より (東アジア史資料叢刊)/佐々木 揚/東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同研究プロジェクト(社会・時事・政治・行政)の最新情報・紙の本の購入はhontoで。. 「黄金の扉」は再び開かれたのか : 一九世紀末中国系移民への生得の市民権付与をめぐる一考察: 大井由紀 著 日本の移民政策とネーションのゆくえ: 佐々木てる 著 公共圏と国際移民レージム : トランスナショナルな規範を求めて: 樽木英樹 著.

Pontaポイント使えます! | 一九世紀末におけるロシアと中国 「クラースヌィ・アルヒーフ」所収史料より 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所東アジア史資料叢 | 佐々木揚 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 一九世紀末におけるロシアと中国 - 佐々木揚 佐々木 愛 「父子同氣」概念の成立時期について――「中國家族法の原理」再考―― 田中 有紀: 聖人はすべてを豫見できるか――江永の天文學における八線表(三角關數表)と西學中源説―― 多賀 良寬: 財政史よりみた一九世紀後半における阮朝統治の再檢討. 3: 一九世紀末におけるロシアと中国 : 「クラースヌィ・アルヒーフ」所収史料より: 佐々木揚編訳: 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所: 1993. 一九世紀の西アフリカにおけるイスラーム化と植民地化 岡倉登志 スーダンの「部族」と「民族」 大塚和夫 20 アジアの「近代」 : 19世紀 20アジアの〈近代〉 浜下武志 台湾と日本の植民地支配 栗原純 イギリス植民都市の形成 可児弘明 一九世紀東南アジアの. 近年の中国における日清戦争史研究について 『阿頼耶順宏・伊原沢周両先生退休記念論集 アジアの歴史と文化』汲古書院 1997年 19世紀末におけるロシアと中国-『クラースヌィ・アルヒーフ』所収史料より. 主要訳書に『19世紀末におけるロシアと中国―「クラースヌィ・アルヒーフ」所収史料より』(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所「東アジア史資料叢刊」第1輯、巌南堂書店、1993年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていた. 一九世紀末におけるロシアと中国 : 「クラースヌィ・アルヒーフ」所収史料より / 佐々木揚編訳 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: ジュウクセイキマツ ニオケル ロシア ト チュウゴク : クラースヌィ アルヒーフ ショシュウ シリョウ ヨリ 言語: 日本語.

この時代にあっては、後発国(一九世紀末から二〇世紀前半にかけてのドイツ、日本、ロシアなど、そして第二次大戦後の多くの発展途上国)は、先発国(欧米諸国)に追いつくために「近代化」を至上命令とし、そのためにはいかなる犠牲をもいとわない. 清末中国における日本観と西洋観 フォーマット: 図書 責任表示: 佐々木揚著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東京大学出版会,. シンポジウム「義和団事件と二〇世紀初頭の東アジアにおける構造変動」を終えて(佐々木 揚) 義和団事件とその後の清朝体制の変動(佐藤 公彦) 19世紀末~20世紀初頭、朝鮮の民衆運動(林 雄介) 転換期における日本の対外「発展」論(上野 隆生). 「黄金の扉」は再び開かれたのか : 一九世紀末中国系移民への生得の市民権付与をめぐる一考察: 大井由紀 著 日本の移民政策とネーションのゆくえ: 佐々木てる 著 公共圏と国際移民レージム : トランスナショナルな規範を求めて: 樽木英樹 著 佐々木揚編訳『十九世紀末におけるロシアと中国:「クラースヌィ・アルヒーフ」 所収史料より』巌南堂書店、1993年、74頁。訳文は筆者による。. 佐々木 揚,東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同研究プロジェクト『一九世紀末におけるロシアと中国―『クラースヌィ・アルヒーフ』所収史料より (東アジア史資料叢刊』の感想・レビュー一覧です。. 中国における国家賠償法二李 はじめに 第一編 中国における国家賠償法︱政策的救済から法的救済へ︱ 序説 第一章 政策的救済︱共産党及び政府による政策的救済︱ 第一節﹁三大規律、八項注意﹂︵一九四七年~一九七六年︶の時代における政策的救済.

一九世紀末におけるロシアと中国 - 佐々木揚

email: ucabyv@gmail.com - phone:(377) 331-3325 x 8656

現代の貿易と外国為替 - 香川尚道 - ストーカーズ ファディダディ

-> (2266)NOLTY エクリB6ー2(ネイビー)
-> 東日本・四季の山旅 - 浜舘郷一

一九世紀末におけるロシアと中国 - 佐々木揚 - いいうつわ あったら 尾関倫衣


Sitemap 1

Civil Service 第3号 - 寝たきりにならないための 野呂田秀夫 一生歩ける